過剰摂取はNG

妊娠

葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。その効果は厚生労働省が正式に妊活中の方や妊娠中の妊婦に対して、積極的な摂取を呼びかけているほどの効果があるのです。摂取した葉酸ですが、葉酸は水溶性なので尿、汗といっしょに体外に排出され、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。それでは、どれだけ摂っても問題ないのかと言うと、そうでもありません。葉酸を過剰に摂取すると、最悪の場合、呼吸障害や発熱、かゆみといった副作用を発症する怖れがあります。葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、提示された規定量を必ず守るようにしてちょうだい。冷え性は不妊を招くといわれています。体温が低い状態が続くと血行が悪くなり、栄養不良に代謝不良が重なって、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。古くからあるお灸は冷え性の改善に有効です。血流のわだかまりを解消し、自律神経のはたらきを促し、ツボ刺激による癒し効果もあります。冷え性を改善して赤ちゃんのために体の中を温かく創り変えましょう。妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つはとても関わり合いの深いものですよね。なぜかと言うと、妊娠初期には、葉酸が最も必要であると同時に不足しやすい栄養素である為です。もちろん、妊活中であったとしても例外ではありません。

妊娠発覚後から葉酸を摂り始めるよりも、適した母体で赤ちゃんを授かることが出来るように、妊活中には十分に葉酸を摂るように心掛けることをお勧めします。みんなは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を気軽に補給できるという利点があります。妊活中の方をサポートし、栄養補給や体調管理のためのサプリは数多くの種類がありますね。選ぶ基準としては、葉酸が配合されたものが、一番のお勧めです。葉酸の成分には、貧血(主な症状として、動悸や息切れ、倦怠感、頭痛、肩こりなどがあります)を防ぎ、正常な細胞分裂を促すことで、赤ちゃんが先天的な異常を発症するリスクを下げることができますよ。そのうえ、精子の染色体異常を軽減する可能性が高いそうです。赤ちゃんを望む夫婦どちらにも是非摂取していただきたいサプリだと言えますね。お金のかかる不妊治療はゴールが見えず、精神的に参ってしまう人も少なくありません。自治体から助成金が支給されますが、40歳程度を基準にして給付する回数を減らす自治体が多いですね。その年で諦めろということでしょうか。むしろ40だからこそ、治療回数も増え、助成も必要なのではないでしょうか。私だって来年には四十になるので、体力と時間とお金のことばかり考えて、ストレスも限界です。仲良くしているユウジンが妊娠したいと話していた頃に漢方を欠かさず服用していたようでした。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ